マイコプラズマについて 合併症について ここではマイコプラズマ肺炎の合併症について、詳しく説明していきます。

マイコプラズマ肺炎の場合、他にも合併症を起こす場合があります。特によく見られるのが、元々気管支喘息を持っていた場合にマイコプラズマ肺炎の咳症状によって悪化し、喘息発作が起こりやすい状況に陥るといった合併症です。また子供に多いのが、高熱による熱性けいれん、中耳炎や皮膚炎が挙げられます。他にも稀ではあるものの、肝炎や腎炎、髄膜炎や脳炎、心筋炎や溶血性貧血なども合併症として挙げられます。


sponsored link



【マイコプラズマ肺炎の合併症一覧】

マイコプラズマ肺炎の合併症を以下に挙げていきます。
・喘息の悪化
・熱性けいれん
・脱水症
・中耳炎
・皮膚炎、発疹
・スティーブンス・ジョンソン症候群
・下痢や嘔吐などの消化器症状
・関節炎
・肝炎
・腎炎
・膵炎
・無菌性髄膜炎
・脳炎
・ギラン・バレー症候群
・心筋炎
・溶血性貧血


sponsored link



このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ マイコプラズマ肺炎とは

⇒ 肺炎の種類と違い

⇒ 大人・妊婦の感染

⇒ 薬と治療について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
myco0plasma★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。