マイコプラズマについて 大人・妊婦の感染 ここではマイコプラズマ肺炎の大人・妊婦の感染について、詳しく説明していきます。

マイコプラズマ肺炎は小学生や中学生の時期の子供に多いですが、子供特有の病気というわけではなく大人でも感染することはあります。大人の中では比較的20〜30代の青年期に多く見られます。子供に比べて大人の方が免疫力は高いので、感染しても不顕性感染(無症状のまま発症しない)のことも多いと考えられています。しかし発症した場合は子供よりも症状が重く重症化しやすい傾向にあるので、大人の感染には注意が必要となります。


sponsored link



【妊娠中・妊婦の感染】

妊娠中の妊婦の方も当然ですが、感染・発症する恐れはあります。妊娠中はどのような病気に対しても胎児への影響を考えると敏感にならざるを得ません。しかし今の所、マイコプラズマ肺炎に罹ったことが出産に大きく関わるというデータはないので、過度に不安になる必要はありません。妊婦でも使用可能な薬、抗生剤などはあるので治療を行えます。とは言ってもやはり母子ともに問題なく出産を迎える為には、感染しないに越したことはありませんので、しっかりと予防を行っていくことが重要です。


sponsored link



このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 合併症について

⇒ 検査と診断について

⇒ 予防について

⇒ 薬と治療について



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
myco0plasma★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。